花粉症の症状

花粉症の症状

花粉症の症状とは、人それぞれですが、
まずは目のかゆみと鼻に分かれます。
鼻はくしゃみ、鼻水が垂れる、鼻が詰まる、
鼻がむずむずするという症状です。

 

花粉症の症状

 

私は、小学校の頃からアレルギー性鼻炎でしたから
元々鼻が弱いのです。
よくよく思い出してみると・・・

 

 

私は鼻が詰まることもありますが、
症状的には、詰まるというよりも
鼻が通っているにも関わらず
調子が悪い時が多かったのです。

 

それはどういうことかと言うと
私の場合、
鼻がムズムズするのが主訴の症状です。

 

 

鼻の粘膜が炎症を起こして
むずむずするのです。
鼻がスースー通っていても、
詰まっていてもムズムズするから
花粉症の症状が出るのです。

 

 

花粉症の症状を引き起こす物質とは?

 

ヒスタリン
ロイコトリエン
プロスタグランジンD2
トロンボキサンA2

 

が原因です。
ヒスタミンは、花粉症薬のCMでもよく聞く名前ですね。
薬局に行くと「ヒスタミン配合」なんて書いてあります。

 

 

ですが、私たちの花粉症の原因物質としては
ヒスタリンよりもロイコトリエンの方が性質(タチ)が悪いと言われています。
ロイコトリエンは鼻の粘膜膨張作用が強烈なのです。
鼻の粘膜が膨張すると鼻の通りが悪くなります。
いわゆる、炎症の状態になります。

 

 

気を付けていると、花粉症薬のCMや
アレルギー性鼻炎の症状緩和に
この2つの物質の名前がよく登場していることに気づきます。

 

 

そして、むずむず
プロスタグランジンD2が原因と言われています。
私の場合、プロスタグランジンD2が強い花粉症薬の方が
効き目が強かったです。私に合っていました。

 

 

ロイコトリエン→鼻汁分泌を抑える
プロスタグランジンD2→鼻過敏症を抑える

 

と言えます。
これらの薬の強弱で、花粉症薬の種類が増えています。
私は私に合った花粉症薬を見つけて症状を抑えやすくなりました。

 

 

ただ、薬治療は根本的完治ではないし、
薬はだんだん効かなくなってきます。
容量を増やさないと効かなくなってきます。
管理人のように
花粉症マニュアルなどで早めに根治することをおすすめします。

 

薬で抑える手法は花粉症を治すというより
「飲んだその日、花粉症を回避する」と言えます。

 

 

花粉症の根治は、
食事、生活習慣でできてしまいますから
楽なものです!(^_^)

 

リノール酸低減式花粉症対策

花粉バスター

リノール酸花粉症減退方法。作者の伊藤さんに会ったことがありますが、直接花粉症を改善する方法について教えてもらいました。本当に信頼できる人です。すぐに改善できる方法が載っているのですが、体に負担がなく無料で取り組める方法です。一番良い花粉症対策だと思います。

花粉バスター。花粉症が改善する教材として評判です。管理人も購入してみましたが、実践して鼻水が止まりました。鼻が通るってとても嬉しいことです。とても良かったです!!

 

花粉症の食事のページに進む


 
花粉症TOP 花粉症の原因 私の花粉症が治った方法 症状 花粉症のお茶