修学旅行、部活の時

修学旅行、部活で環境が変わると花粉症発症

2002年(平成14年)

 

中学校に入っても、体調は変わらず、つらかったです。
中学校になって、私は多少大人になりました。
知恵がつきました。アレルギー性鼻炎、花粉症用の薬を飲むと
かなり楽になることを知ったのです。

 

 

たまたま家にあったコンタック600みたいな薬を飲んでみたところ
鼻がすっごくラクになったのです。

 

 

母に知られ、薬に頼っちゃダメと言われました。
確かにそうだと思いました。
治るわけではなく、だんだん薬は効かなくなってくることを私も知っていました。
副作用もあるはずで、気になりましたし。

 

 

特につらい時、大事なことがある時だけは薬を飲みました。
でも、親には内緒で飲みました。

 

親は何も言いませんでしたが、
薬は一粒ずつ減って行くわけですから
親は気づいていたはずですよね(笑)

 

修学旅行は新幹線に乗って、京都、奈良に行きました。
環境が変わることが
かなりストレスだったようで花粉症になりました。

 

勉強があるわけじゃないし、くっついて歩いていれば良かったので
薬を飲みませんでした。

 

 

鼻がつまると何がイヤかって
せっかく出てきた食事の味が分からないことでした。
それと口で呼吸するので、食事がしんどいんですよね。

 

 

何とか治さないと、この先何も楽しめないなあと
私は思っていました。
自分の人生だから、何とかしなくちゃと思っていました。
何ともならなかったですけど・・・。

 

 

ただ、
月1回症状が出るのアレルギー性鼻炎はかなり良くなってきました。
なぜなら、体が成長して、免疫が上がったからだと思います。
剣道部だったのですがかなり鍛えられて
自分自身の体が強くなったことは確かでした。

 

 

でも、環境が変わるとダメでしたね。
楽しいはずの修学旅行が楽しくなく、
剣道部の合宿もきつかったです。
練習もきつかったのですが、練習より鼻が気になって仕方なかったのです。
鼻が詰まると頭がぼーっとしてだるくなります。
風邪じゃないから、優しくしてもらえないしそれがきつかったです。

 

 

一つ分かっていたことは、
コーラとかお菓子を多く食べた翌日は
鼻の調子がかなり悪くなるということで
私はコーラ、お菓子をあまり食べなくなりました。
コーラはおいしかったですけどねぇ(笑)

 

>>花粉症でもある程度大丈夫!!〜高校は水泳部。のページに進む


 
花粉症TOP 花粉症の原因 私の花粉症が治った方法 症状 花粉症のお茶