花粉症 1月

花粉症 1月

1月は花粉症はまだ発症していません。

 

花粉症のことが気になり出すのがこの時期です。
私も1月は「ああ、今年も花粉症が始まるなぁ・・・」
なんてちょっと下向きな気分になったものです。

 

そう言えば、先日私の日記が出て来ました。花粉症を気にしていた頃の日記です。

 

(引用開始)

 

1月、花粉症の症状は出ていません。
けど鼻がムズムズしたりクシャミがでる時はあります。

 

花粉症のアレルギーチェックをしたときに
花粉のほかにもハウスダストのアレルギー反応も出たので
これは1年中仕方がないかなと思っています。

 

ちなみに、花粉症の症状が出る時期以外で
鼻がムズムズしたりかゆくなったり、クシャミがでる場所は
会社と電車内です。
大勢の人が集まっているのでしょうがないと思っています。

 

花粉症の症状がでたきっかけも
ホコリ・ハウスダストからなのかなーなんて思っています。
医師から言われたわけではなく、
なんとなく自分で思うだけなのですが。

 

 

昔は「ここの部屋ホコリっぽい!」「空気わるい!」
なんてなんとも思ったことなかったので
どちらが先かは分かりませんが、
アレルギーは繋がってるんじゃないかと感じます。

 

 

1月、花粉症の症状は出ませんが
ついに今年もくるのか・・・?と
先日もクシャミが出たときドキドキしました。
(日記、引用終わり)

 

 

1月はまだ早いかなと思うのですが、
クシャミが出るとちょっと心配になりますよね。
その後、むずむずしないと、ああ、花粉症はまだか、良かった・・・
と思ったものです。
私は子供の頃、車酔いしたのですが、
その時「酔うかな?」と思いながら車に乗りました。
そしたら、ほんとに酔いました。予期不安ですね。
花粉症も予期不安だった部分もあったと思います。
体質と気持ち、両方が花粉症をひどくしたのかもしれません。

 

 

1月ならば花粉症マニュアルを使えば
2月になる前に完璧に準備できます。
費用的にも2冊買っても2万円以内で済むし
花粉症が治った暁には快適な生活が待っています。

 

 

私が花粉症マニュアルを購入して
1月からやったことと言えば
食事(栄養)の調整です。

 

 

花粉症のために体に良い物、悪い物があるので
悪い物の摂取量を減らしました。
花粉症を根本的に治す食事をすると
身体はすぐに反応してくれます。

 

ロイコトリエンプロスタグランジンD2などの炎症物質をコントロールすれば
花粉症の症状は顔を出しません。

 

 

花粉症の人は、ロイコトリエンなどが細胞から血中に
放出されやすくなっています。
放出されやすい状態=花粉に敏感な体質
なのです。

 

 

放出されやすい状態の原因となる食べ物があるので
それを食べないようにすれば、根本的解決に向かうというわけです。
具体的に言うと、マーガリンがNG、マヨネーズがNG
などあります。

 

花粉症 2月 のページに進む


 
花粉症TOP 花粉症の原因 私の花粉症が治った方法 症状 花粉症のお茶